相続体験談:相続税対策にマンションを建設しました

不動産を活用した相続税対策

水中でボール遊びする白くま私の両親は、だんだんと年齢を重ねて、自分自身が所有する不動産について、相続を考え始めました。
両親は、いくつかの不動産を所有していたのですが、そのままの形で相続すると相続税が発生します。
そこで両親は、相続税対策をすることに決定したのです。

借金をすることで資産価値を下げる節税法

両親が考えた相続税対策は、マンションを建設することによって、借金をするという方法でした。
両親の所有する不動産は、複数あったのですが、マンションが建設できる場所が1か所ありました。
この部分にマンションを建設するには、銀行からローンを組まなければなりません。
銀行からローンを組みますと、そのぶんの金額が財産価値から差し引かれます。
マンションを建設するためには、普通の住宅を建設するよりも、大きなお金が必要になります。
そのため、その借金分のお金を差し引くと、相続税がほとんど発生しなくなる仕組みなのです。
反対に、このマンションのための借金をしなければ、不動産の一部を売却する必要がありました。
両親にとって、自分たちで築いてきたものを、一部であっても売却することは、不本意だったのです。

不動産による節税は銀行や建設業者にとっても一般的な方法です

そうしたことから、建築業者に電話で相談すると、すぐに内容を分析してくれました。
結果として、いちばんのネックになったのは、銀行のローン契約の条件でした。
銀行側としては、いくつかの不動産を、借金の担保にして欲しいという気持ちがあったのです。
しかし、両親は子供の未来のこともありますから、担保にすることを拒否したのです。
すると、いくつかの銀行から、担保なしでも融資してくれると、連絡をもらいました。
ただしその融資の条件は、私がそのローンの保証人になることでした。
私は、保証人になることを了承しまして、マンションが建設されたのです。