相続時の争いを防ぐために遺言書はかかせない

なぜ遺言書が求められるのか?

相続時に遺産分割で家族がもめるのを避けるために遺言書を書く人が増えています。
遺言書がないと遺族は財産を自分たちで話し合って分ける必要がありますが、土地や家屋などの不動産は公平に分けるのが難しいため、遺産分割協議で話し合いがつかず家庭裁判所にもちこまれるケースが増えています。

遺言書が無いと家庭裁判所で調停を受けるケースが増える

家庭裁判所で調停を受けたり裁判をするようになると、解決までに時間がかかります。
遺産分割でもめると遺産を勝手に使うことができなくなるため、相続税が発生した時には自分の財産で相続税を支払わなくてはいけなくなります。
相続が発生してから10ヶ月以内に相続税は納めなくてはならず、しかも現金で支払わなくてはいけないので、遺産に手をつけることが出来ない場合には支払いも大変になってきます。

遺言書はトラブルを防いでくれます

こういった事柄を避けるために大切なのが遺言です。
遺言をのこしておけば家族はもめることなく遺産をわける事ができるので、相続税も遺産から支払えます。
また遺言を残しておけば家族が遺産に何があるか正確に知ることができます。
預貯金や有価証券などはわかりやすいのですが、借金などがある場合にはわからない事があるため遺族が困ることがないように遺言を残しておくのは大切です。
また最近では子供のいない家庭も増えていますが、配偶者が亡くなった場合には配偶者の親や兄弟も法定相続人になるため、夫もしくは妻に全財産を残すことができません。
そういった場合も遺言を残しておくと配偶者に全財産を残せます。

遺言書の書き方はコツがいります

遺言書を書く場合には法律で定められた書式にのっとって書く必要があります。
日付が入っていなかったり、内容に不備があると正式な物と認められないため遺族に混乱を招くこともあります。
書く場合には専門家に相談して内容に不備がないかチェックしてもらうと良いでしょう。