法定相続人の範囲やその順位について

法定相続人の順位

相続をする際には誰もが同じように相続をすることができるというわけではありません。
そこには優先順位や範囲が決められています。

特別枠:配偶者

民法では法定相続人の範囲や順位が決められていますが、相続をする順位が一番高いのは配偶者になります。
被相続人の夫や妻に関しては、常に相続人となっています。

第1順位

第一順位は直系卑属とも言われますが、これは子供となります。
子供が亡くなっているというような場合には養子にもこの権利があります。
胎児の場合でも生きて産まれてくれば相続人として認められています。
婚姻関係が必ずしもなければいけないと言うことはありません。
婚姻関係がない間の子供でも、認知を受けていれば相続人になることができます。

第2順位

第二順位は直系尊属となります。
これは第一順位の相続人がいない場合に対象となります。
直系尊属は父母や祖父母になります。
父母が亡くなっている場合には祖父母が相続人になります。

第3順位

第三順位は兄弟姉妹です。
これは第二順位がいない場合です。
兄弟姉妹が亡くなっている場合にはその子供である甥や姪が相続人となります。
ここで孫や甥や姪が相続人に代わる代襲相続というケースもあります。
代襲相続とはあまり耳にしない言葉ですが、これは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていたり、相続欠格や相続人の廃除があったときに発生します。
この場合その人の子供や孫が代わって相続をすることができます。
ここで確かめておかなければいけないのは、代襲相続ができる人です。
それは直系卑属と兄弟姉妹となっています。
遺言がある場合には、そこに書かれたとおりに相続が行われるようになっていますが、遺言がない場合や遺言が法的に有効でない場合には、民法の規定によって相続人になれる人の範囲や順位が決められています。
ここで相続人になる人を法定相続人といいます。