遺言書を見つけたときの適切な対処法

遺言書を見つけても開封してはいけません

氷山家族が亡くなったという場合に、遺品整理を行なっている途中で遺言書が見つかる場合があります。
もし、封がされていたという場合には、見つけたその場で開封することは避けるようにしましょう。
もし、開封してしまった場合には、最高で5万円の罰金を科せられてしまうことになります。
その後も相続トラブルに発展する可能性がありますので、十分に注意をするようにしましょう。

見つけたらすぐに遺産相続弁護士に相談しましょう

では、もし遺言書を発見した場合には、どうすれば良いのでしょうか。
まず、開封すること無く、また破損や紛失などを防ぐためにも金庫などに保管するようにしましょう。
検認手続が必要となる可能性もありますので、必ず専門家に相談するようにしましょう。

遺言書はきちんと手続きしないと無効になってしまいます

検認手続は、聞いたことがないという人も多いかもしれませんが、これは、家庭裁判所に申し立てる必要のある手続きです。
公正証書遺言ではない限り、この手続きが必要となります。
これは、その文書が有効か無効かということを判断するための手続きではありません。
検認手続は文書を確認するための手続きです。
そのため、文書が無効となることもあります。
検認手続を行う目的は、有効・無効を判断するためではなく、偽造や変造を防止するために、その文書がどのようなものであったのかということを証拠として残すことを目的としています。
また、相続人全員にその存在を知らせるためという役割もあります。

なお、文書が無効となる場合としては、民法に規定されている方式に従って作成されていない場合、内容が公序良俗に反していると判断された場合、第3者の手によって作成された可能性のある場合などがあります。
また、作成者以外の署名が合った場合にも無効となりますので、注意が必要です。