現在の日本の相続税のありかた

日本の資産は高齢者が握っています

日本は世界の中でも、個人の持っている財産が、とても多いことが特徴です。
そのため、政府の借金が多いにもかかわらず、世界からの日本の信用度は、依然として高いのです。
そうした個人の財産のうち、大半を所有しているのが、高齢者になります。

高齢者は不動産のカタチで資産を形成しています

現在の高齢者と言うのは、日本の経済が好調なときに、財産を築いた人たちが多くなります。
当時の日本の景気は、世界第2位のGDPを誇って、バブル景気に沸いた時代でした。
その当時に築いた財産ですから、日本の財産が高齢者に多いのも、当然な時代の流れなのです。
こうした高齢者が所有している財産のうち、もっとも多いものが、家や土地などの不動産になります。
日本の不動産価格は、先述のバブル景気のころと比較しますと、かなり下落しました。
しかし、世界的に見た日本の不動産価格は、土地単価で換算すると、それでも高いレベルにあるのです。

相続対象となる不動産の取り扱いが中心のトピックになっています

この高齢者が所有している、高い土地単価の不動産が、今まさに相続の対象となる時期を迎えています。
こうした価値の高い不動産を、子供達が相続する際には、相続税が国から課せられることがあります。
少し前までですと、課税の対象となる金額が、かなり高い金額に設定されていました。
ところが現在は、その課税の対象となる金額が、以前よりも低い金額に改正されたのです。
このように、課税対象の金額が以前よりも低くなったのは、政府による景気対策の一環によります。
日本の現在の景気対策として大切なことは、財産を所有している高齢者の、消費を喚起することです。
そのためには、相続税の対象を引き下げて、出来るだけ消費を促すことが有効と捉えているのです。
そうしたこともありまして、現在は生前贈与が盛んになってきています。
相続に関しては、遺産相続専門の弁護士や税理士と相談することをおすすめします。