北極海を旅してきた遺産相続専門弁護士のブログ

相続税対策の重要性について

相続税法の改正に伴い、相続問題が顕在化しました

泳ぐシロクマ平成27年より相続税制が改正され、以前と比べて基礎控除額が大幅に削減されています。
そのため、以前は相続税の納税対象とならなかったような世帯でも、今後は相続税を納める必要が出てくる可能性が高まっています。
特に首都圏などの都市部で一定の不動産を所有するような世帯では、新たに納税対象となる可能性が高くなるといわれています。
今回の税制改正によって、ますます事前の相続税対策の重要性が高まってきているといわれています。
そのため、金融機関などが主催する相続税対策セミナーには、以前と比べて多くの参加者が訪れているといわれています。

早め早めの準備が相続税対策には重要です

相続に係る各種対策を行うためには一定の期間がかかることが一般的であるため、早めに準備を進めておくことが非常に重要になります。
特に不動産を所有している場合には一朝一夕に売却手続などが行えるわけではないので、早めの対策が大切になります。
相続対策を行うにあたっては、税の専門家である税理士に相談するのが一番よいといわれています。
無資格のコンサルタントの助言に従ってしまうと、税法に関する解釈が間違っており、節税効果が得られないばかりか追徴課税を受ける結果となってしまう事例もあるといわれています。

税以外のリスクも考える必要があります

また、相続税対策としてアパート経営などを進められることもありますが、アパート建設によって相続税を減らすことができても、アパート経営のリスクを背負うことになる点があるので注意が必要です。
特に今後の人口減少社会にあっては、駅に近いなどの立地上のメリットがあるケースを除いては、当初想定していたとおりの入居者が見込まれるとは限らない点には注意が必要となります。
アパート経営に失敗した場合は相続税の節税額以上の負債を抱える危険性もあります。
相続問題は単純ではありません。
遺産相続に強い弁護士に相談しながら、最適な解決策を導き出していきましょう。

最新情報をお届け!